ホーチミン駐在オババ気まぐれ日記






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


プラナカン美術館 :: 2012/04/29(Sun)

プラナカンとは、マレー語で「~生まれの」とか「~の子供」という意味で、

混血の人々を指します。

シンガポールの美術館では、中華系プラナカンに焦点が当てられています。

今回の旅のメインイベント。

IMG_2998.jpg
IMG_2999.jpg
IMG_3007.jpg

IMG_3008.jpg
IMG_3004.jpg
ぱっと見た感じ、フェイラーのタオルハンカチみたいに見えるけど、
全部、ビーズ刺繡!!
図案や色合いも、とっても素敵で、釘付け。

IMG_3010.jpg
こんな可愛い小物入れや
IMG_3012.jpg
ミュールなんかもあって・・・
このままの図案のものが復刻版として売られていたら、額にでも入れて
飾りたいと思ったけど、やっぱり、現代版のものは、ちょっと違う。

IMG_3017.jpg
KENZOのニューコレクションですって、言われてもおかしくないような
デザイン。とにかく色の配色が素敵。


IMG_3019.jpg
この色合いがなんとも素敵
IMG_3001.jpg
欲しーーーーー!!
IMG_3023.jpg
ピンク可愛すぎーーーーー!!
IMG_3028.jpg
これあったら、おせち頑張っちゃうかも。
IMG_3080.jpg

この中にレプリカがあります。


すぐ分かるわぁ(><)最後のね。
美術館には、ショップが併設されていて、そこでレプリカを買うつもりだったんだけど、
生憎、お昼休憩に入ったところでした。
急遽、専門のショップまでタクシー飛ばします。

IMG_3029.jpg
中心街からちょっと外れたカトン地区にある、このお店。
外観も可愛いです。

「どの色にしよう・・・・」
「両色買えば?」
「どっちにしよう」
「両方買えば」
「どれにしよう」
「全部買いなよ」

本を読みながら、顔も上げない旦那の面倒くさがりも、この方面では、かなり有難い(笑)

IMG_3025.jpg
美術館にあった、この可愛いお弁当箱。
絶対探して買うって思ってたんだけど、
値段聞いてびっくり。

500ドル(シンガポールドル)
これは、本物のアンティークだから高いんですって。

「欲しけりゃどうぞ」

・・・って、ここまでくると、私の良識を試しているんではないかとの疑念もうまれ、丁重にお断り(笑)

レプリカの食器は、かなりイイお値段の割りには、作りはお粗末な感じで、その柄も本物と比べてみると

悲しくなるようなものだけど、旅の思い出に沢山買ってもらいました。

やっぱり、1つでもいいからアンティークが欲しいなぁ・・・

本物かどうか見極める自信が付くほど目をさらにして見たからね。皿だけに。(わっ、最悪な〆)



スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。