ホーチミン駐在オババ気まぐれ日記






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


慈姑(くわい) :: 2013/03/31(Sun)

漢字の「慈姑」の由来は、原産地中国の言い伝えから。
クワイの子は一年に12子を生じる。
正月料理などに使われるのは、たくさんの子供を作ること、
塊茎から勢いよく伸びる大きな芽が「めでたい」につながるため。
だそうです。

子供の頃、おせち料理の中で一番苦手だった私。
親戚のおじさんから、芽から食べた方が縁起がいいと
言われて、無理やり食べた記憶があります。
「苦くで、美味しくない」
その記憶しかなかったのですが、

IMG_4801.jpg

ベンタン市場に皮を剥いて、茹でたものが、売ってます。
一袋50,000vd
かなり多いので、お友達と分けました。

中国の方は、おやつ代わりにこのままポリポリ食べるって
聞いたのですが、俄かには信じられず・・・・
家に帰って、試しに食べてみました。

「・・・・!?美味しい」
梨と、サトウキビと大根を足して割ったような味。
わざわざ、おやつに買って食べる程ではないけど、
美味しい。
私の子供の頃の記憶はなんだったのか???

もう一度、家で茹でて、食べてみると、
より甘みが増して、サトウキビのような味がする。

お菓子作りが得意な人、これは使えるかもです。

私は、お菓子はまったく作れないので、

IMG_4804.jpg
ひき肉と一緒に、ネギやアスパラ、生姜なんかと一緒に麻婆豆腐風の味付けで
おつまみにしました。
レタスで包んでいただきました。
慈姑のシャキシャキした食感がイイ!!
納豆を入れても美味しいかも!

スポンサーサイト
  1. うちご飯
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。