ホーチミン駐在オババ気まぐれ日記






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


バイバイ、ノンちゃん。ありがとう。 :: 2012/03/07(Wed)

IMG_1284.jpg
(昨年8月のノンノ)


実家のノンノが天国に旅立ちました。

最後に抱っこしてあげられなかったのが

残念でなりません。

「絶対ひとりで逝っちゃダメだよ。ママに抱っこされながら
天国にいってね」

毎日のようにノンちゃんに語りかけていた通り、
母の胸に抱かれながら、天寿を全うしたそうです。

半年以上続くノンノの介護で、母自身の体力も限界にきていました。

「ベトナムに遊びにいきたい」

って、言うと、ノンノが気遣って、逝ってしまったらダメだから・・・

ノンノがいなくなることが前提の会話は、躊躇われました。



最後の1週間は、不眠不休の状態の介護になったようです。

「リビングに布団を敷いて、毎日、ノンノと思い出話をしたよ。

横浜に遊びに行ったね、お墓参りもいつも一緒に行ったね、新幹線も乗ったし、

デパートに行ったら、色んな人が、撫でてくれたね・・・」


ご飯を食べなくなってからの1週間、燃え尽きるロウソクに手をかざすように、

今まで、沢山の癒しや笑顔をくれたことへの感謝を伝えることが、できたようです。

ノンちゃんのおばちゃん、ノンちゃんのおねぇちゃん。

気が付けば、我が家の名字は十数年、「ノンちゃんの」になっていました。

人が大好き、子供が大好きなノンノは、沢山の人から愛されて、沢山の人から、
名前を呼ばれた子でした。

頭が良くて、沢山の人の名前も覚えました。

「すぐ帰るよ」
玄関でうっかり口を滑らせると、寒い冬でも、玄関で待ち続けるので、

「お仕事だよ」
言い直しに、玄関に戻ったものです。
すると諦めた表情で、トコトコとリビングに戻って行きました。

お風呂が大好きで、私がお風呂に入っていると、すりガラスにピッタリ
くっついて待っていました。

食いしん坊で、ご飯を欲しがる目は、とっても可愛かった。

夜は、腕枕で一緒に寝ました。
ギュッと抱きしめると、
「プシュッ」っと鼻を鳴らして甘えました。

淋しがりやで、ひとりでいるのが大嫌いでした。

ワンコが苦手でした。
でも、テレビに映るワンコには強かった(笑)

ガムが好き、サツマイモが好き、ヨーグルトが好き、ママが好き、
おねぇちゃんが好き、お客さんが好き、お風呂が好き、抱っこが好き
お布団が好き・・・

ワンコとひとりぼっち以外は、ノンノは“好き”で溢れていましたね。



夏の帰省まで、どうにかもって欲しい。最後の挨拶をしたい。という願いは叶いませんでしたが、



「おねぇちゃん、最後に会えなかったけど、ちゃんと伝えておくからね」

って言うと、パクパクと口を動かして、小さな声を出し、何やら話そうとした様子で、

そのまま眠るように亡くなったそうです。

「ありがとう」

そう言ってくれたような気がする。

母はいいます。




DSC00235.jpg DSC00230_1.jpg DSC00246.jpg

「私達の家族になってくれて、ありがとう。長生きしてくれてありがとう。」


ご近所の方々には、両親の食事を届けて下さったり、お見舞いに来て下さったり、
大変お世話になりました。この場をおかりして、お礼申し上げます。


ママへ

 ノンノを最期まで大切に大切に可愛がってくれてありがとう。
お疲れ様でした。半年以上、ホントに大変だったね。

悔いの無い最期を送れたと聞いてちょっとホッとしています。
ネロと離れていても、安心していられるのはママのおかげです。
体調を崩さないように気をつけてね。
本当にありがとう。

IMG_1288.jpg

ノンちゃん、16年と8ヶ月、素敵な思い出をありがとう。
最期まで、よく頑張ったね。
天国では、ボール投げてくれる人いますか?
ずっと忘れへんよ。
大好きなノンノへ・・・バイバイ。

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. ワンコ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:20
<<安らかな顔 | top | 刺繡☆矢車草>>


comment

ノンちゃん、よく頑張ったね。
そしてお母様も。半年間の介護というのは、
さぞ大変だっただろうとお察しいたしますが、
「最後にありがとうと言ってくれたような気がする。」
というのは、しっかり見送れた人だけが言える言葉だと思う。
素晴らしいです。
ノンちゃんが最後まで幸せな犬生をまっとうできたのは
お母様のおかげですね、良かったねネロさん(^^)
遠くから見守ることしか出来なかったのは
ネロさんにとって辛い事だったと思うけど
ノンちゃんはそんなこと百も承知だったろうし、
大好きなおねえちゃんが夏に帰ってくるのを
今でも楽しみに待っていると思いますよ。
私も、ノンちゃんのこと忘れません。
  1. 2012/03/07(Wed) 09:18:38 |
  2. URL |
  3. ひろみ #6JvVJUYY
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひろみさんへ

 優しいお言葉ありがとうございます。
まだ若い間から、いつか訪れる別れの日を想像して
涙ぐむ位可愛がっていたので、母がおかしくなって
しまうかも。と心配で、複雑な心境でした。
でも、見送った後は、以外に穏やかな表情だったので、
ひろみさんのおっしゃる通り
「納得いくまで、世話をして見送れた」
ということだと思います。
言葉は話せませんが、飼い主側からの勝手な心情でも
「幸せな犬生」を送れた子だと思います。
私も、まだ、色々思い出して、涙が止まりません。
両親も、そう簡単には立ち直れないとは思いますが、
ノンノが心配しないように、笑顔で、楽しかった思い出を
話してあげたいと思います。
  1. 2012/03/07(Wed) 10:27:08 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

ネロさん、記事拝見しました。私まで涙がこぼれてしまいました。
ノンちゃん本当に幸せだったと思います。しばらくは気持ちが沈みがちになってしまうかもしれませんが、天国のノンちゃんもきっと見ていると思うので笑顔でノンちゃんのことを思い出して語ってあげて下さい。
  1. 2012/03/07(Wed) 12:48:51 |
  2. URL |
  3. ひろさん #TZlWvUDE
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひろさんへ
 
 ノンノのために涙してくれてありがとう。
自力で動けなくなってから、かなり長かったので、
心の準備は充分できていたけど、やっぱり悲しいです。
人の言葉や気持が全部分かるような、不思議な子でした。
淋しがりやなので病院でお別れするのだけは避けたかったので
延命治療はせず、自宅で看取ることにしたそうです。
大好きな抱っこで息を引き取ったことが、救いですね。
とっても穏やかな顔をしてました。

  1. 2012/03/07(Wed) 14:00:54 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

私も記事読んで、涙が止まりませんでした。
お母様、さぞかし大変だったことでしょう。お疲れさまでした。
私は18年前に同居していた祖母を亡くし、2年前に実父を亡くしましたが、「もっとお見舞いに行けば良かった、もっと話しておけば良かった」と後悔ばかりしてしまいました。
なので、「悔いない最期を送れた」と言われたお母様はとても素晴らしいと思います。ノンノちゃんもとっても幸せだったと思います。

私も日本に愛犬を残してきていますが、母ととっても仲良く幸せそうに暮らしているので、安心しています。
日本に帰ったら、ネロさんのお母様を見習って、たくさんの愛情を注ぎたいと思います。

ネロさんも悲しいでしょうが、素敵な笑顔を天国のノンノちゃんに見せてあげて下さい。
ノンノちゃんが天国でもボール遊びが出来ていますように。
  1. 2012/03/07(Wed) 17:26:33 |
  2. URL |
  3. はるまみ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はるまみさんへ

 ワンちゃんを飼われてる方には、得に辛い内容だったと思います。ゴメンなさいね。
夜中に何度も水を飲ませたり、おトイレに連れて行ったり、止まない夜鳴きが
数ヶ月続いていたので、正直、母の体調の方が心配になっていました。
鳴かして体力を消耗させると可愛そうなので、ほとんど抱いて過ごしていたようです。
自分の子供の何倍も抱っこしたと言ってました。
抱っこすると、満足そうな顔で寝息を立てるそうです。

テトのお休みも帰ってあげなかったことや、何一つしてあげられなかった私の方が、
「悔い」の涙が止まりません。まだ1匹、実家に預けているワンコがいますが、
その子の最期は、何があっても自分で見てあげたいと思います。
別れの悲しみは、「悔い」の占める割合が大きいことを初めて学びました。
はるまみさんも、大切な家族にいっぱい愛情そそいであげて下さいね。
コメントありがとうございます。


  1. 2012/03/07(Wed) 18:23:16 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

私も記事を読ませていただいて涙が止まらなくなってしまいました。
わたしも今実家にコーギーと、私たちがホーチミンに来るために置いてきたハムスターがいます。
実家にいた時は3匹のワンを見送りました。
一番最初に飼った子がノンノちゃんに似た感じの子で、
人の気持ちがわかる子でした。いつもよりそってくれてました。
他の子も、お姉ちゃんがくるまで頑張ろうね、って母が言って聞かせてくれていたので私が会いに行くと立つ元気のない子も、必死に私を迎えに来てくれました。
ワンちゃんはちゃんと愛情を注いでくれた人の事はちゃんと覚えてるはずで、お母様のそばで安心して天に召されたのだと思います。
しばらくは辛いと思いますが、ノンノちゃんが安心できるように
笑顔をみせてあげてくださいね。
  1. 2012/03/07(Wed) 18:40:22 |
  2. URL |
  3. hanae #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

hanaeさんへ

 悲しい記憶を思い出させてゴメンなさい。
結婚して、たまに帰省すると、私と一緒に寝ると
いって、両親が私の部屋を覗いただけで、ワンワン吠えて
いました。あまりにも行動が人間っぽいので、中に
誰かが入ってるんじゃないか?って、良く話したものです。
海外で生活されている方は、大切な家族と離れて暮らさなければ
ならなくなった方が多いですね。
ご実家のワンちゃん達もどれだけ会わなくてもhanaeさんのこと片時も忘れずに
待っているんでしょうね。
ホント、ワンコは健気で、そういうところがたまらなく愛おしいです。
悲しい気持を文字に置き換えたり、皆さんと気持を共有できている
実感で少し落ち着いてきました。
ありがとうございます。
  1. 2012/03/07(Wed) 19:19:25 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

ネロさん、お気持ちお察しいたします。
ノンちゃんはみんなからたくさんの愛情を受けて、本当に幸せだったことでしょう。
最後まで頑張ったノンちゃんも、それをずっと支えていたお母様も素晴らしいです。
本当にお疲れさまでした。
私も実家に、来月17歳になるミニチュアダックスがいるのですが、
実家に帰るたび、老いが確実に進行しているのが目に見えてつらい。
だから、ネロさんの記事をとても他人事とは思えず・・・
実家のワンコと重ね合わせてしまい、涙があふれてきます。

優しいご家族との、たくさんの楽しい思い出があるから、
ノンちゃんは天国でも幸せに過ごしていると思いますよ。
  1. 2012/03/07(Wed) 21:10:29 |
  2. URL |
  3. mamiko #HoODF3FI
  4. [ 編集 ]

ネロさん、初めまして。
時々覗かせて頂いていましたが、今日は感動して初めて書き込みます。
「絶対ひとりで逝っちゃダメだよ。ママに抱っこされながら
天国にいってね」
というお母様のお言葉、とーーーっても心に沁みます。
うちにも10歳の子がいて、この獣医事情の良くないHCMで、
いかに穏やかに逝かせてあげられるか、今から考えてしまいますが、
出来るだけそばにいてあげられるのが、きっと一番ですね。
ノンノちゃん、天国で優しい犬好きな人に出会って、ボール投げてもらっていますね、きっと!
  1. 2012/03/07(Wed) 21:54:32 |
  2. URL |
  3. チョコバ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mamikoさんへ

 ありがとうございます。
mamikoさんのワンちゃんも同じ位の年齢のダックスちゃんでしたね。
子供のようなかわいい顔をしてたのでとても、そんな年齢には見えませんでした。
離れていると、会う度に弱っていくのを見て切なくなる気持良く分かります。
でも、元気な姿からある日突然、亡くなるのではなく、老いていく姿を見ることは
家族も心の準備ができるのかもしれませんね。

亡くなった後よりも、亡くなる前の1週間が一番辛かったと、母は言ってます。
あんなに食いしん坊だった子が、どれだけ、ご飯を口に持っていっても食べなく
なってしまってから、亡くなるまでの間が一番泣いたと言ってました。
その期間が3日では少なかったし、あと1日多ければ、母自身の体力も限界だった
ようです。ちょうど1週間という期間が、「お舟が見えたら、乗っていいよ」と
声を掛けられるまでの気持になるギリギリの期間だったようです。
最期の声が「ありがとう」に聞こえたのが何よりの救いだったようで、亡くなった
後は、時折笑顔で、様子を話せる位だったので、私も驚いてます。
mamikoさんも悔いの残らないように、会えるときはいっぱい抱きしめてあげて下さいね。
辛い気持ちにさせて、ゴメンなさい。ありがとうございます。
  1. 2012/03/07(Wed) 22:08:25 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

ネロ様
うちの1代目とそっくりなノンノちゃん
ボール遊びも好きだったのね。
最後を大好きなお母様の腕の中で迎えられて
とても幸せだったと思います。
これからもネロさんのそばに寄り添ってくれると思うので、
早く笑顔を取り戻して下さいね。


  1. 2012/03/07(Wed) 23:30:35 |
  2. URL |
  3. moko #-
  4. [ 編集 ]

ネロさん初めまして。
ときどきblogのぞかせていただいていました。
ノンちゃん、天国へ行く途中でホーチミンに寄り道してますよ!

私の実家の愛犬も16歳と11カ月で去年の11月に旅立ちました。
私も最期には傍にいることができず、日本からskype越しにさよならって伝えました。
最期に「ありがとう」って言ってくれたんですね。
私も言ってくれました。『ワウワウ、ワウワウ』って必死に鳴く声が
『バイバイ、ありがとう』に聞こえて今でも忘れられません。

ノンちゃんを想って涙が出るときはきっと傍にノンちゃんがいますよ。
ネロさんの身体から涙が空っぽになるまできっと傍にいてくれますよ。

天国でノンちゃんと我が家の愛犬が仲良しになれたらいいですね。
  1. 2012/03/07(Wed) 23:31:19 |
  2. URL |
  3. chip #YrGnQh/o
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

チョコバさんへ

 HCMCで一緒に暮らしていらっしゃるんですね!
ワンちゃんは、家族といられるのが何より幸せだと
思います。
病院で点滴をして、たとえ、1日寿命が伸びたとしても、
ひとりで淋しく息を引き取るより、家族と共に過ごす事を
望んでいるはずだと思い、延命治療はしませんでした。
HCMCでは獣医は勿論、与える食事や水etc 大変なことが
沢山あると思いますが、絶対、ワンちゃんはチョコバさんと
一緒に過ごせて幸せに感じていると思います。
チョコバさんが、大切なワンちゃんと一日でも長く幸せな時間を
過ごせることを私も願っています。
優しいコメントありがとうございました。
  1. 2012/03/07(Wed) 23:49:33 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mokoさんへ

 ありがとうございます。
亡くなった後のダメージは、面倒をみなかった私の方が
大きいかもしれません。
写真の前にヨーグルトとお水をお供えして、手を合わせてます。
幸せな犬生だったと信じています。
MOKOさんも2代目ちゃんと、日本でたっぷり楽しい時間を過ごして
きてあげてくださいね。
  1. 2012/03/07(Wed) 23:58:05 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

chipさんへ

 ありがとうございます。
chipさんも、skype越しのさよならをされたんですね。
「辛いよ」でも「痛いよ」でもなく、「ありがとう」に
感じられたのは、たっぷりの愛情を注げた証だと思います。
そして、間違いなく「バイバイ、ありがとう」の声だった
と思います。
昨夜は、腕枕してあげられるように、腕を伸ばして
ベットに入りました。
元気な時の写真を目にするのはまだ辛いですが、きっと
chipさんのワンちゃんと、仲良くボール遊びをしてることと
信じています。
同じ経験をされた方の言葉で救われました。ありがとうございます。
  1. 2012/03/08(Thu) 00:05:49 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

ほじめまして。
ブログ拝見して涙が止まらずかかせていただきました。

私にも日本に残して来たミニチュアダックスのミミがいます。
一昨年ガンの手術を2度しました。
その負担からか様々な症状が現われ、まだ10才ですが
先生からは急死も覚悟してくれと言われています。
テトで帰国した際、これが最後だと・・・自分にも言い聞かせました。
しかしノンちゃんのことを知り、また取り乱してしまいました。
どうして一緒にここへ連れてこなかったのだろう!
どうしてそばに居てあげなかったのだろう!と、自分を責めました・・・


しかしめそめそばかりして大切なことを忘れていました・・・
毎日一生懸命お世話をしてくれている両親への感謝や
たくさん遊んだ楽しかったミミとの思い出や
辛いときにいつもそばにいて癒してくれた優しいミミの事。
私が諦めちゃいけませんね!ミミは頑張っているのだから!
自分のことばかり考えていました・・・
気づかせて下さってありがとうございます。

まだまだお辛い日々が続くこととお心お察しいたしますが
ノンちゃんとの楽しかった日々を胸にどうか笑顔を忘れないで下さい。
きっとノンちゃんもその笑顔をまっているはずですよ!








  1. 2012/03/08(Thu) 03:40:58 |
  2. URL |
  3. ひーちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ひーちゃんさんへ
 
 コメントありがとうございます。
小さな身体で、2回も手術に堪えてくれたんですね。
動物は、「なんで、自分だけが」と他と比べたり、
「もう死にたい」なんて最後まで思わないんだと思います。
必死に生きよう生きようとする姿は、感動を覚えました。

海外で生活されている方は、可愛い家族と、離れて住まないと
いけない方が沢山いらっしゃるようですね。
私は、母でなく他人に預けていたら、こんなに安心した気持で
過ごせていないので、本当に感謝しています。

ミミちゃんの、頑張る姿を遠くから見守ってあげて下さいね。
きっと、気持は届くものだと信じています。
ご両親も、言葉の話せないミミちゃんを不憫な気持でお世話
されていることと、お察しします。
ミミちゃんが苦しむことの無い生活を続けていけることを
お祈りします。



  1. 2012/03/08(Thu) 15:50:31 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

ネロさん、昨日はまだこの記事読んでなかったから、能天気な感じでお電話しちゃってごめんなさい。・゜・(ノД`)・゜・。
犬を失う気持ちは私も痛いほど知っています。
ノンちゃんにありがとうってそういう気持ちが一番大切なんだって。
寂しいとか悲しいとか思っては、ノンちゃんが心配して成仏できないからありがとうって気持ちでいると、安心して天国へ行ってくれるんだって。
だから、ネロさんや家族の感謝の気持ちいっぱいもって天国で幸せにしてると思います。
ノンちゃん、本当に幸せだったろうなぁ~。
  1. 2012/03/10(Sat) 12:45:56 |
  2. URL |
  3. Q子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Q子さんへ

 ありがとう。人間でいうと、高校生の弟が亡くなってしまった
ような年齢で、紛れもなく、家族でした。
私は、半分以上、離れて暮らしていたけど、節目、節目の出来事を
振り返る時に、ノンノとどう過ごしたかが思い出されます。
でも、天寿を全うしてくれたと思うし、きっと幸せな犬生だったと
思っているので、天国で、元気な身体を手に入れて、駆け回っている
と信じています。
ぷよぷよで熊みたいな手を最後に握ってあげたかったわ。
  1. 2012/03/10(Sat) 18:37:20 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osugi7013.blog.fc2.com/tb.php/229-1ad01b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。