ホーチミン駐在オババ気まぐれ日記






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


安らかな顔 :: 2012/03/07(Wed)

沢山の方々から、励ましのコメントいただきましてありがとうございます。

ノンノは、小さなお骨になって帰ってきました。

亡くなった後、沢山の人が、会いにきてくれて、お花や、生前好きだった、

ブロッコリーを茹でて持ってきて下さったようです。

リビングで、綺麗なお花に囲まれているノンノは、とても安らかな顔でした。

不思議なことに、死後1日たっても、身体は温かく、柔らかなままだったそうです。

夜鳴きでご近所にご迷惑をお掛けしたこともあったと思いますが、火葬場まで

ご一緒して下さる方もいて、周囲の方々には感謝してもしきれない気持ちだと

母も言ってました。

こんなに愛されて、旅立つ子は、本当に幸せな子だったと思います。

亡くなってからより、食事を一切受け付けなくなってから亡くなるまでの日々が

母にとって、とても長く、辛く、一番泣いた期間だったようです。

あんなに食いしん坊だった子が、いくら口に運んでも食べなくなり、抱いていないと

鳴き続けるのだそうです。

私も、あの振り絞るような切ない鳴き声は、パソコンを通して、耳にするだけで、

辛いものでした。

この期間が3日では、悔いが残ったし、あと1日長ければ、母自身の体力が持たないと

感じた、7日間がギリギリの期間だったのです。

ノンノが安心するような言葉を存分にかけてあげ、思い出話を聞かせ、抱きしめ続けた

7日間で、やっと

「お迎えが来たら、逝ってもいいんだよ」

と声を掛けてあげられるまでに気持に整理がつけられたと。

不思議と、私の話をして聞かせると

「オン、オン」

と声を出して応えてくれたそうです。

そして、最期の「オン、オン」が、絶対に

「ありがとう」

だと確信できた事で、本当に救われたと言ってました。

亡くなった後に、母が時折笑顔を交えて、思い出話を

出来た事は、私自身が驚きでしたし、飼い主側の勝手な

見方をすれば、理想的な最期を送れたのかもしれません。



辛い気持ちを文字に置き換える作業は、気持に整理をつける上で

私にはとても有効的な方法ではありますが、

動物を家族にもつ方には、このブログは辛い内容であると思います。

そのような方々に私の想いを読むことで辛い想いをさせてしまう事に

申し訳ない気持でいっぱいです。

でも、この記録が、大切な家族と、みんなが少しでも、心穏やかな別れの時を迎えられる

何かのお役に立てれば幸いです。

しばらくバイバイ、また逢う日まで。

  1. ワンコ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<ドラゴンホットポットで鍋をデリバリー | top | バイバイ、ノンちゃん。ありがとう。>>


comment

ワタシも犬を失ったことがあるけど、ネロさんの記事をよんで涙が出るのは自分の悲しみのせいじゃなく、ネロさんがすっごく辛いだろうなと思って出る涙。
そして、ネロさんが一日も早く心の整理がついたらなと思う涙。
心から笑ってありがとうって言える日がくること祈ってます。
  1. 2012/03/10(Sat) 12:56:48 |
  2. URL |
  3. Q子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Q子さんんへ

 心優しい気持をありがとう。
持ち前の記憶力が持続しない脳のお陰か、
日に日に、思い出して涙がこみ上げる回数も
減ってきました。
先日、女性の日で、お花がアパートの前で売って
いたので、ノンちゃんにお供えしています。
Q子ちゃんとのお笑いトークの準備OKだよ。
  1. 2012/03/10(Sat) 18:42:30 |
  2. URL |
  3. ネロ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osugi7013.blog.fc2.com/tb.php/230-1bbcdf49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。